直すべきところがあります。わかりますか?

答えはこちら


「過少評価」ではなく、正しくは「過小評価」。おなじ音読みの「小」「少」の使い分けは難しいこともありますが、少↔多、小↔大という対応関係を思い出せば、「過大評価」の反対で「過小評価」が適切だと理解しやすくなるでしょう。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter