直すべきところがあります。わかりますか? 

答えはこちら

「経済開発協力機構」ではなく「経済協力開発機構」でした。 

OECDは「Organisation for Economic Co-operation and Development」の略。Cが協力、Dが開発を意味するので、日本語でも同じように協力・開発の順に書きます。 

英語の略称では「環太平洋パートナーシップ協定」の略であるTPPが「TTP」と誤記されがちです。また「JISマーク」で知られるJISの日本語表記は長らく「日本工業規格」でしたが、現在は「日本産業規格」に変わっています。 

「世界保健機関(WHO)」は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、いまや名前を聞かない日はありません。名称が似ている「世界貿易機関(WTO)」があるので、HがTになっていないか、などを入念にチェックしたつもりが、こんな落とし穴が……。 

OECDの日本語表記は「機構」ですが、WHOやWTOは「機関」です。紙面化される前に発見し、直すことができました。 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter