どこを直さなければならないか、分かるでしょうか。

 

答えはこちら
前の方に「インド太平洋」と出てくるのでつられてしまったのかと思いますが、NATOは「北太平洋…」ではありませんね。

 

 

これでいいでしょうか?

 

 

もう1カ所、直さなければならないところがありますね。

 

 

「大西洋」ですから「太」も直さなければいけませんでした。

実はこれ、うっかりやりがちなミス。何を隠そう実際に、いったん「平」→「西」だけ直してしまい、念のため再読して気づいて冷や汗をかきました。

「たいせいよう」と入力すればちゃんと「大西洋」と出てくるはずなのですが、「太西洋」をしばしば見るのは、こういった理由なのでしょう。

間違いに気づいても、一瞬の気のゆるみからはまってしまう落とし穴があります。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter