「としまえん」の閉園方針が明らかになった頃の文章ですが、1カ所直したいところがあります。分かりますか?

 

正解はこちら
「としまえん」は、常識を覆す広告も話題になりましたが、その一つ、「史上最低の遊園地」というキャッチコピーを「パロディー」とする説明が引っかかりました。

パロディーとは「有名な語句・作品・できごとなどをまねて、おもしろく作った作品」(三省堂国語辞典7版)のこと。パロディーなら、何か「元になったもの」があるはずです。

確かに「史上最低の○○」はよく見るフレーズですが、この広告が発表された1990年当時、何か有名な「史上最低の○○」が先行してあったということは確認できませんでした。

また、このキャッチコピーは4月1日の新聞広告のもの。指摘したうえで、「エープリルフール広告」とすることになりました。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter