この文章の中で直したところが1カ所あります。どこだか分かるでしょうか?

 

答えはこちら
直したのは「熱弁する」→「熱弁を振るう」。

「熱弁する」という表現に違和感がありました。辞書で確認したところ、「熱弁」は「熱のこもった話した方」といった意味の名詞ですが、「する」をつけて動詞になると示しているものは見つかりませんでした。

大辞林4版。「強弁」は「~する」をつけて動詞として用いられることを示しているが、「熱弁」はそうではない(赤丸は引用者)

 

同じ「〇弁」でも、例えば「道理の通らないことを無理に言い張ること」という意味の「強弁」は「強弁する」と言えるのですが、「熱弁する」とは言わない、ということになります。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter