必ず直すべきところがあります。わかりますか?

 

答えはこちら(押すと開きます)
後ろから2行目の米国「ひとリ勝ち」の「リ」がカタカナになっています。

 

打ち間違いや書き手の思い込みで、よく似た字が入ってしまうというのは時々あるケースです。以前もこんなことがありました。

ひらがなとカタカナでは「へ」と「ヘ」がそっくりですし、カタカナと漢字でも「カ」と「力」、「ニ」と「二」など酷似した字があります。

違和感がないほど似ていれば、実は紙面ではあまり問題がないともいえるのですが、デジタル化の進んだ現在ではそうもいきません。見た目が似ていてもコンピューターにとってははっきり別物。検索などの処理に支障が出てしまいます。

酷似した字の違いに気づく重要性は、むしろ増してきていると言えるかもしれません。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter