こちらの記事、読んでみると、どこか変な感じがしませんか? 意味が通らないところがあります。どう直したらよいでしょうか。

 

答えはこちら
答えは、「家具を固定し、倒れそうな家具の前で寝ないなど」と「たり」を抜いてしまうこと。

字数は増えますが、「家具を固定したり、倒れそうな家具の前で寝ないようにしたりするなど」でも間違いではないでしょう。

並列を表す「~たり」。二つ重ねて使うのが基本ですが、この記事の書き方では対応がおかしくなっています。

もとの「家具を固定したり、倒れそうな家具の前で寝たりしないなど」という文は、

「家具を固定する」
「家具の前で寝る」

という二つの動作を「たり」でつなげて、そのあとの打ち消しの「ない」に続けています。
従って、

「家具を固定しない」
「家具の前で寝ない」

という意味になっています。

「たり」で並列にすると、文が長くなって読みにくくなることもあります。
文がうまくつながらないという時は、思い切って取ってしまうのも一つの手かもしれません。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter