今回は地図の問題です。最近ニュースになることが多い地域ですが、おかしなところがあります。わかりますか? 

 

答えはこちら

「オホーツク海」の位置を、以下のように北方四島の北西にするのが正解でした。

 

オホーツク海は、北方四島を含む千島列島とカムチャツカ半島、樺太(サハリン)で囲われた海。ロシア側沿岸に名前の由来である「オホーツク」という町があります。

 

by NormanEinstein (赤字は引用者)

 

オホーツクは現在は人口数千人の町ですが、19世紀半ばまでロシア太平洋側の主要な港でした。「鄂哥都加」と漢字を当てる表記もあったようです。

網走流氷観光砕氷船「おーろらII」

 

オホーツク海は特殊な環境で水が凍りやすく、北半球の流氷の南限になっています。

 

地図は、使う場面によってさまざまな情報が取捨選択されますが、特に説明しようとしている部分以外に問題が潜みやすいものです。

何を示す地図かというところから離れて、地図の“背景”を意識して確認してみることも必要でしょう。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter