危うく見過ごすところでした。どこがいけないか、分かりますか? 2問出題します。

上の写真。間違っているところがあるのですが、どこでしょうか?

答えはこちら

この記事の内容は「レーザー」照射なのに、見出しが「レーダー」になっています。

レーダー(radar)は目に見えない電波を発し、その反射で対象の距離などを測定するもの。一方、レーザー(laser)は主に光線です。

by flip619

韓国艦による自衛隊機へのレーダー照射をめぐる騒動が記憶に新しいなか、無意識につられてしまいそうですが、紛らわしいところでした。

 

 

では、こちらは? よく見ると……。

答えはこちら

ちょっとびっくりしましたが、こういう勘違いは普通ないので、作業手順に起因するものと思われます。

おそらく先に入力した「東京都」から複写して縦にし「東京」だけ「山梨」に変えたのではないでしょうか。一番隅というのも、意識や目がいきにくいところで、割とありそうなケースです。

それにしてもこれは、さすがに誰でも気づくだろう、と思うでしょうか?

確かに、きちんと見さえすれば気づくはず、と思います。このケースもすぐに直せましたが、「常にきちんと見る」というのは意外に難しいものです。

「他の部分に意識がいってしまった」「最初は問題なかったのに、いつのまにか変わっていた」……言い訳になりませんが、そんな理由が潜んでいることもあります。

 

いずれも、間違いがあると知った上で探せば、見つけるのは難しくないものでしょう。

しかし問題は、そうでない時でも10回のうち10回、気づけるかどうか。

決して簡単なことではない、と日々痛感します。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter