気づかず読み過ごしてしまう人は多いかもしれません。しかし一読して、え?と思う人もいるでしょう。実際、問題のある箇所があるのですが分かるでしょうか。そんな“クイズ”を2問出題し解説します。

第1問

最近のニュースについて書かれた原稿ですが、このままでは問題があります。どこでしょうか。

答えと解説はこちら
「拘留」→「勾留」

どちらも「こうりゅう」と読みますが、法的に意味が違います。ここで問題になっている「こうりゅう」は、逮捕後、判決が確定するまでの間に、容疑者や被告の身柄を拘禁すること。「拘留」は、軽犯罪に科せられる軽い刑の一つです。

新明解国語辞典7版

中型や大型の辞書では、「拘留」について、より一般的に「捕らえてとどめておくこと」と広い意味も示しているものもあるのですが、法的な手続きでもあるのできちんと使い分ける必要があります。

 

 

第2問

ではこちらはどうでしょう。上の問題を踏まえると手がかりに気づきそうです。

答えと解説はこちら
見出しの「罰金」→「過料」
どちらも罰として支払いを科せられるものですが、混同できません。「過料」は、刑法上の刑罰である「罰金」とは異なる行政罰です。ちなみに刑罰では、より軽い「科料」もあり、同じ「かりょう」の「過料」と紛らわしいため、それぞれ区別するために「とがりょう」「あやまちりょう」と読むこともあります。

新明解国語辞典7版

「罰金」は、一般的に「制裁金」という意味合いで広く使われる言葉ですが、法的には重い刑罰であり、うっかりすると間違った使い方になってしまう場合があることを、覚えておかなければなりません。

三省堂国語辞典7版

 

知らないと、一見問題なく通じそうに思えるかもしれません。しかし、そこが落とし穴。誤解のないよう、より正確な言葉を選ぶことを意識していくことが大切です。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter