人前で大人が涙を見せる場面は時々ありますが、泣き声まであげるのはまれではないでしょうか。「号泣」は「大声をあげて泣くこと」(広辞苑)なので、そう表現するのはふさわしくない場合が多いです。このときも、本当に号泣?と、すぐ出稿元に確認しました。

 

 

現場にいた記者に連絡をとってもらったところ、やはり「泣き声は聞こえなかった」と分かりました。

ほとんどの辞書は「大声をあげて泣く」という説明ですが、最近は声をあげない「号泣」の使われ方も増えてきており、俗用として認める辞書も出てきています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter