よく混同される言葉の代表格「おざなり」と「なおざり」。ものすごくざっくり言えば、「おざなり」は「その場しのぎ」、「なおざり」は「軽視・放置」です。写真の例のように「分配の視点がおざなり」では意味が通じないので「なおざり」が適切です。

「おざなり」を漢字で書くと「御座形」。お座敷(宴会)の場で形だけ取り繕う、というところから来た言葉であるようです。どうしても「おざなり」と「なおざり」で混乱してしまう人は、この語源から覚えてみてはいかがでしょうか。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter