使い分けに悩むことが多い「顧みる」と「省みる」。「批判をかえりみない」という場合は、批判を気にかけない、一顧だにしないという意味ですから「顧」の方が適切です。 

 

「省みる」は「反省する」という意味なので、「批判を受けて自らをかえりみる」といった場合はこちらを使います。

使い分け

かえりみる 

〔反省する〕省みて恥じない、自らを省みる 

〔振り返る、気にかける〕顧みて他を言う、過去を顧みる、人を顧みる暇がない 

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter