翻訳をする際のもととなるのは「定本」ではなく「底本」です。「定本」は「定本源氏物語」のように古典などについて「原本に近い形として認めた本」という意味のことばです。音が同じで紛らわしいため「底本」「そこほん」とも言います

たとえば古典作品のいろいろな写本を「底本」として比較し、校訂した結果作られたものが「定本」というわけです。

使い分け

定本〔原本に近い形として認めた本、決定版〕定本源氏物語、定本を作る 

底本〔翻訳や校訂などのもとにする本。「そこほん」とも〕初版を底本とする、底本を決める 

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter