「創成期」と「創世記」のレアな誤変換。創成期は「初めてできた当初」のこと。藤村富美男さんはプロ野球創成期のスターでした。一方の創世記は旧約聖書第1の書で、固有名詞です。

「創セイ」には当てはまる漢字がいくつかあり、意味も似ているので使い分けに注意が必要です。「創成」は初めてできあがること、「創世」は世界をつくることや、その世界の初めのこと。他に、新たにつくるという意味の「創生」、初めての製造を表す「創製」があります。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter