「後手を踏む」は結構よくみる表現ですが、新聞社などでは多くが「後手に回る」と直すよう定めています。辞書では他に「~になる」「~に立たされる」「~を引く」なども示すものがあるものの、「~を踏む」は見つかりません。

 

 

「後手」は「相手に先を越されて受け身になること。機先を制せられて不利な立場となること」(明鏡3版)。確かに「踏む」はしっくりきません。

ちなみに「後手」を重ねた「後手後手」も立項している辞書があります。

ごてごて【後手後手】 対策が遅く、相手に先手をとられてばかりいること。「対策が―に回る」

大辞林4版

やはり「後手後手」も「~に回る」などがいいようです。また「先手」なら「~を取る」「~を打つ」になります。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter