「思いがけないことで失敗させられる」(明鏡3版)という意味では「足もとをすくわれる」を使う人が多いようです。しかし「足をすくわれる」が本来の言い方とされ、「足もと」は許容していない辞書がほとんどです。

 

 

「足もと」は「足下」などの表記もありますが新聞では「足元」に統一しています。

2016年度の文化庁「国語に関する世論調査」では「足下をすくわれる」を選んだ人が64.4%、「足をすくわれる」が26.3%と、やや差がついて「本来」が少数派となっています。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter