「しるす」は文字などを書く、記入するといった場合には「記す」と漢字表記しますが、足跡や印をつけるという場合にはしっくりきません。辞典などには主に「印す」「標す」の表記が載っていますが、常用漢字表に含まれていない訓読みなので、新聞ではかな書きとしています。

 

 

使い分け
しるす

←(誌、認)〔書く〕
思いを記す

しるす←(印、標)〔印を付ける〕
月面に第一歩をしるす、足跡をしるす

9/30(金)19時~ オンラインイベントを開催

「記者時代、訂正・おわびにつながる間違いを校閲記者に助けられること数知れず」という毎日新聞人事本部の三木陽介・採用担当部長が司会を務め、校閲記者が舞台裏を語るオンラインイベントが9月30日(金)19:00〜20:30に開催されます。

チケットは一般1650円、学割550円。文章の校閲・構成に興味がある方から「毎日ことば」のファン、さらに、ことばそのものに興味がある方まで幅広くお楽しみいただける内容です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter