衆院選が近づいてきました。改めて注意したいのは、公職選挙法では衆院の総選挙と参院の通常選挙だけが「公示」を使うこと。地方自治体の首長や議員の選挙、衆参の補選・再選挙、衆院選と同時に行われる最高裁判所裁判官国民審査は全て「告示」です。

 

 

衆院の総選挙と参院の通常選挙だけが「公示」と覚えておけばよいのですが、意識し忘れてしまうケースを時々見かけます。

 

 

公示 
一般には公機関の行う公表で、告示と同義。公選法では、衆議院議員の総選挙、参議院議員の通常選挙の施行の通知を公示という。

告示
衆議院議員、参議院議員の再選挙または補欠選挙、都道府県議会の議員と知事、市区町村議会の議員と市区町村長の選挙、最高裁判所裁判官国民審査の場合は告示という。外国の選挙には全て告示を使う。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter