鳥の「はね」。つばさという意味なら「羽」ですが、バラバラになったものは「羽根」と書きます。「扇風機のはね」のような、羽根形の器具・部品も「羽根」。でも「はねを伸ばす」のような比喩は「羽」です。どっち?と時々こんがらがりそうになります。

 

 

使い分け
はね

〔主につばさ、昆虫のはね。比喩にも〕
風切り羽〈「かざきりば」とも〉、鳥・チョウ・トンボの羽、羽が生えたように、羽を伸ばす、羽を広げる、飛行機の羽

羽根〔バラバラにした鳥の羽、羽根形の器具・部品〕
赤い羽根〈共同募金〉、追い羽根、扇風機・風車・竹とんぼ・プロペラ・スクリューの羽根、タービンの羽根車、羽根突き、羽根布団、ヘリコプターの羽根〈回転翼〉、矢羽根

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter