「7月中旬」の出来事と書かれた記事に付いていた写真の撮影日が「7月8日」となっていました。中旬は「月の11日から20日までの10日間」(デジタル大辞泉)なので、写真を撮影した日が記事の日と同じであることを確認して、「7月上旬」としました。

 

 

「月末」という言葉も注意が必要です。「23日」のことを「月末」と書いた記事がありました。月末というには早く感じ、「月の21日から末日までの間」(デジタル大辞泉)である「下旬」としたことがありました。

 

 

「月末」は「月の終わり」(同)のことで、手元の辞書でははっきりと期間を示すものは見つかりませんが、「下旬」よりは狭い範囲ではないでしょうか。

 

ところでこの記事を書いていて気づいたのですが、上旬、中旬、下旬は月を3等分してそれぞれ10日ずつに分けた言葉で、上旬と中旬は10日間ですが、下旬だけ8~11日と幅がありますね。こういうどうでもいいことが見つかると、辞書を引くのがちょっと楽しくなります。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter