スポーツなどの勝負事で負けることはふつう、「敗れる」と書きますが、「破れる」と書かれていることが時々あります。勝つことは「破る」と書くため、混同しやすい面もあるかもしれません。

 

 

原稿の編集で、「AがBを破った」を「BがAに破れた」として、主語を勝った方から負けた方に入れ替えたはいいものの、「破った」の送り仮名だけ直して漢字はそのままにしてしまうということを、筆者はやったことがあります……。

 

ところで「国破れて山河在り」は杜甫の有名な漢詩の一節。2013年の政府式典の首相あいさつ文には「国、敗れ、まさしく山河だけが残った」とありました。以下の記事で触れています。

 

使い分け
やぶれる

〔破壊、破棄〕
計画が破れる、事が破れる、秩序が破れる、平和が破れる、破れかぶれ、破れ紙、破れ目、夢が破れる

〔敗戦、敗北〕
試合に敗れる、人生に敗れる、選挙に敗れる、戦いに敗れる、敗れ去る、敗れて悔いなし

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter