気分がすぐれない、落ち込むといった意味の「ふさぐ」は、「通り抜けできなくする」意味の「塞ぐ」とは異なり「かな書きにしておく方が無難」(円満字二郎「漢字の使い分けときあかし辞典」)。漢字で「鬱ぐ」と書くこともありますが、毎日新聞では平仮名としています。

 

 

同書では、「○○をふさぐ」という形になるのが〈通り抜けできなくする〉という意味の「塞ぐ」、「○○をふさぐ」という形にならないのが〈気持ちが晴れない〉という意味の「鬱ぐ」と分け方を説明しています。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/19 13:39:23時点 Amazon調べ-詳細)
多くの辞書は、気分がすぐれないという意味についても「塞ぐ」の項目の中で説明しており、一般には「塞」の字が用いられることもありますが、以下のように表記の使い分けを示しているものもあります。

 

大辞林4版「ふさぐ」から

 

ふさぐ・ふさがる
塞ぐ・塞がる(開いた口が塞がらない、入り口を塞ぐ、傷口を塞ぐ、手が塞がる)

ふさぐ(鬱ぐ)
→ふさぐ(気がふさぐ、ふさいだ顔、ふさぎ込む)

(毎日新聞用語集から)

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter