新型コロナウイルスによる災いを意味する「コロナ禍(か)」と、その状況下という意味になる「コロナ下」。どちらか片方しか使えないというケースはあまり多くなさそうですが、内容を踏まえて使い分けると効果的です。

 

 

「コロナか」については、これまでも特に「コロナ渦」という表記が多くみられる点について、何度か取り上げてきました。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter