戦いの「火蓋(ひぶた)が切って落とされた」とよく言われますが、これは「幕が切って落とされた」という表現と混ざってしまったもの。慣用句としては「火蓋が切られた」が正解です。

 

火蓋とは、火縄銃で火薬を詰める「火皿」を覆っておくもの。銃を撃つ際にこの蓋を開けることが「火蓋を切る」という言葉の由来。「切って落とし」てしまったら、銃の部品が失われてしまうことになります。

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter