野生動物を捕獲するのは「捕らえる」ですが、野生動物の行動をセンサーが「とらえる」といった場合は「捉える」。「捕」は動物や人の体を取り押さえる場合で、それ以外は「バットの芯で球を捉える」「要点を捉える」「心を捉える」など「捉」を用いるのが妥当です。

 

 

漢字の使い分けときあかし辞典(円満字二郎、研究社)によると「≪捕≫は、動物や人間の肉体そのものを対象として使われるのが基本。『捕球』のように物体に対して用いるのは、スポーツで使われる比較的新しい用法」なのだそうです。

また「≪捉≫の意味の中心は、肉体そのもの以外のものを“握って離さない”ことにある。そこで、動物や人間そのもの以外を『とらえる』場合に用いる方が、ふさわしい」と説明しています。

created by Rinker
¥2,530 (2021/05/12 15:57:11時点 Amazon調べ-詳細)
使い分け
とらえる
〔捕獲する、取り押さえる〕
獲物を捕らえる、犯人を捕らえる

〔つかむ、把握する、捕捉する〕
意味を捉える、心を捉える、言葉尻を捉える、射程に捉える、バットの芯で球を捉える、問題の捉え方が難しい、要点を捉える、レーダーが台風の目を捉える

(毎日新聞用語集より)

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter