新型コロナウイルスの検査などで「本来は陰性であるのに、誤って陽性と判定される」(デジタル大辞泉)のは「偽陽性」。一方、「疑陽性」は「検査の結果が陽性と陰性の中間であるもの」(同)で意味が違いますが、同じ「ぎようせい」のため混同しやすく注意が必要です。

 

 

「疑陽性」(表記は「擬陽性」も)は見出し語として採録している辞書が多いのですが、「偽陽性」も併せて載せている辞書はあまり多くないため、確認しようとしても一方しか見つからず迷ってしまうことがあるかもしれません。

検査では偽陽性とは反対に「本来は陽性であるのに、誤って陰性と判定される」(同)場合の「偽陰性」もあります。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter