誤用に詳しい一方で変化にも敏感な #明鏡 国語辞典。出たばかりの3版では「標準的でない」としつつも「わかりみ」を明記し、この言い方の存在を認めています。また新しい項目「映え」の用例には「SNS映え」が。新しい表現の扱いを確認したい時の出番も増えそうです。

 

明鏡3版。黄色の強調は引用者(以下同)

 

 明鏡は大修館書店刊行ですが、「映(ば)える」は三省堂の「辞書を編む人が選ぶ今年の新語」で2018年に大賞に輝いた語でした。

「今年の新語2018」のラインアップ

 

 2版にあった「はえ【栄え】」に加え、「はえ【映え】」が載りました。「りっぱに見えること。きわだってよく見えること」という語釈に「SNS映え」の用例も。読みが「ばえ」になることも明記されています。

 

 「わかりみ」は、「ありがたみ」「温かみ」のように形容詞や形容動詞の語幹について性質や状態を表す接尾語「み」が、「わかる」にまで使われているということで選ばれたものです。

【平山泉】

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter