感染防止のため「バスや新幹線の車両を貸し切って移動」。「移動」するのは利用者ですが、「貸し切る」のは業者なので、主語がねじれて違和感があります。「借り切って」として主語を利用者にそろえるか、名詞形で「貸し切りにして」とすると違和感は薄まります。

 

 

同じく業者からみた表現のはずなのに、「貸し切りにする」ならなぜ違和感が薄いのか。座席やフロアに他の客を入れない「状態」を利用者もそう言うのが定着しており、主語があまり意識されなくなるからではないかと考えられます。

 

 

「借り切る」の形を選ぶ時もありますが、「借り切る」「借り切り」は、「貸し切る」「貸し切り」に比べると、なじみのない言い方のようで、以前行った同様のテーマについての質問では「貸し切りにする」を選んだ人が過半数でした。

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter