「つつましい」と「つましい」。よく似ていますが漢字で書くと意味の違いが分かりやすくなります。それぞれ「慎ましい」「倹しい/約しい」。つまり「つつましい」は「謙虚で控えめ」、「つましい」は「節約・倹約」を表します。この場合は「つましい」の方が適切でしょう。

 

 

しかし「つつましい」には「ぜいたくでない、質素」という意味もあり、「つましい」と重なる部分も。そのため最近では「つましい」と同義で使われることも多いようです。

岩波国語辞典7版では「つつましい」を「節倹につとめた『つましい生活』の意に使うのは誤用」と書いていましたが、最新の8版では「節倹につとめたつましい生活の意に使う場合」もあると立場を改めました。

 

毎日新聞用語集では今のところ両者を使い分ける立場で、「質素、倹約の意味なら『つましい』」と注意喚起しています。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter