「まつ」は「待機」の意味に加え、「論をまたない」などの形で「必要とする」といった意味で使われることもあります。その場合、漢字では「待」ではなく「俟」の字を当てることが多いため、新聞では平仮名で書いています。

 

 

三省堂国語辞典7版

 

使い分け
まつ

〔待機〕
相手の出方を待つ、機会を待つ、待ち合わせ時間、待てば海路の日和あり

まつ←(俟)〔期待、頼る〕
相まって、言をまたない、将来の研究にまつ、百年河清をまつ、本人の自覚にまつ

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter