「愚直」とは「正直すぎて気のきかないこと。馬鹿正直」(広辞苑7版)。好意的なニュアンスで使われることも多いのですが、自分で言うのならともかく、他人の形容に使うのは失礼と受け取られる恐れもあります。この時は「地道に」としました。

 

 

日本国語大辞典2版には「知恵がなく正直一途(いちず)で、臨機応変の才がないこと」ともあります。

以前みなさんにお聞きしたときは「良い印象」が3分の2を占めましたが「悪い印象」をもつ人も一定数いました。他によりよい表現はないか、立ち止まって考えたい言葉です。

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter