細い紙を「より合わせる」。紙を指で寄せるようにするので「寄る」でもよさそうに見えますが漢字だと「縒る」や「撚る」。別れた恋人同士の関係をもとに戻すという意味でよく使われる「よりを戻す」の「より」も、この「縒(撚)り」。難しい字なので新聞では平仮名です。

 

 

岩波国語辞典は「縒る・撚る」を「(糸・ひもなどを)ねじって互いに巻きつくようにする。また、細長いものをねじる」と説明しています。「撚り」の項目では「よりを戻す」と「腕によりをかける」(立派な腕前を一層よく発揮しようと精を出す)の慣用表現を用例として示しています。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter