「食料」は食べ物全体、「食糧」は主に穀物などの主食を表すのに使われます。どちらを使ってもいい場合も多いのですが、「国連食糧農業機関」や、2020年ノーベル平和賞の「世界食糧計画」、毎年10月16日の「世界食料デー」などは訳語が決まっています。

 

 

大辞林4版は、「食糧」について「食べ物。特に、主食とする米や麦。糧食」とし「『食料』は食べ物のことを一般的にいうが、それにたいして『食糧』は特に主食とする米や麦のことをいう」と違いを説明しています。

「世界食糧計画」のノーベル平和賞に関する記事では、組織名などを除き、より意味が広い「食料」を主に使いました。

 

使い分け
しょくりょう

食料〔食べ物全体〕
食料自給率、食料品(店)、生鮮食料

食糧〔穀物を中心とした主食物〕
食糧安保、(旧)食糧管理制度、戦後の食糧難

:「食料・糧援助」「食料・糧危機」「食料・糧事情」「食料・糧需要(供給)」「食料・糧不足」「食料・糧問題」「食料・糧輸出(入)」などは両方使われる

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter