階段は「上る」とするのが一般的。でもエレベーターなら「昇る」を使います。木や山なら「登る」ですが、「のぼる」ものは他にもいろいろあり、使い分けに迷いやすいものの一つです。

 

 

「漢字の使い分けときあかし辞典」(円満字二郎著・研究社)は、ほとんどの場合は「上」を用いる、とした上で、

・山や木などに「のぼる」場合、行動を見せるために目立つ場所に出る場合は《登》を使う
・空中を「のぼる」場合、垂直に「のぼる」場合、地位が高くなる場合は《昇》を使うと効果的

と説明しています。

created by Rinker
¥2,530 (2021/04/20 01:01:00時点 Amazon調べ-詳細)
使い分け
のぼる

〔下る・下りるの対語〕
うわさに上る、階段を上る、川を上る、煙が立ち上る、坂を上る、出世コースを上る、食卓に上る、水銀柱が上る、損害1億円に上る、頂点に上り詰める、日程に上る、上り坂、上り調子、上り列車、人の口に上る、屋根に上る

〔降の対語〕
エレベーターで昇る、神殿に昇る、天に昇る、日が昇る

〔よじのぼる〕
うなぎ登り、演壇に登る、木に登る、コイの滝登り、登り窯、マウンドに登る、山に登る、よじ登る

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter