難しい「まざる」の使い分け。「交ざる」か「混ざる」か迷うことは多いのですが、交は「とけあわないまじり方」、混は「とけ合うまじり方、容易に元の状態に戻せないまじり方」というのが基本。まじる、まぜるも同様です。

 

 

明鏡国語辞典2版は「交じる」を「あるものの中に性質や種類の異なるものがはいり込む」、「混じる」を「性質や種類の異なるものがとけ合って一体となる」と分けて説明しています。

 

使い分け
まざる・まじる・まぜる
〔とけ合わないまじり方〕
入り交じる、漢字仮名交じり文、古豪に若手が交じって、小雨交じり、サバにアジが交じる、白髪交じり、ため息交じり、人交ぜせずに、交ぜ織り

混←(雑)〔とけ合うまじり方、容易に元の状態に戻せないまじり方〕
異物が混じる、絵の具を混ぜる、酒に水が混ざる、雑音が混ざる、セメントに砂を混ぜる、煮物を箸で混ぜる、マージャンパイをかき混ぜる、混ざり物、混ぜご飯、混ぜっ返す、見分けがつかぬほど混ざり合う

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter