「対処療法」はよくある間違いで、正しくは「対症療法」。「その時の症状を軽減するために行われる治療法」で「痛みに鎮痛剤を与えるなど」(大辞泉)のことですが、比喩的に、根本的な解決にならない、その場しのぎの処理という意味合いで使われることもあります。

 

 

「対症療法」の反対語は「原因療法」。「疾病原因の除去を目指した治療法」(大辞林4版)で「化学的療法や血清療法、手術による摘出など」が該当します。

 

間違って覚えていませんか?
×対処療法、対象療法

→〇対症療法

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter