「対処療法」はよくある間違いで、正しくは「対症療法」。「その時の症状を軽減するために行われる治療法」で「痛みに鎮痛剤を与えるなど」(大辞泉)のことですが、比喩的に、根本的な解決にならない、その場しのぎの処理という意味合いで使われることもあります。

 

 

「対症療法」の反対語は「原因療法」。「疾病原因の除去を目指した治療法」(大辞林4版)で「化学的療法や血清療法、手術による摘出など」が該当します。

 

間違って覚えていませんか?
×対処療法、対象療法

→〇対症療法

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter