「なす」には「仕上げる、つくる」という意味合いの「成す」だけでなく、「行う」という意味で「為す」(新聞ではひらがな)を用いるものなどもあります。「やればできる」という意味の慣用句「なせばなる」は、漢字で書くと「為せば成る」です。

 

 

また「なす」には「産む」という意味の「生す」もあります。余談ですが「なさぬ仲」というのは実際に産んだのではない、血のつながりのない親子という意味。間違いやすいので気を付けたい表現です。

 

使い分け
なす
〔仕上げる、作る〕
意味を成さない、財を成す、大業を成し遂げる、名を成す

なす←(為)〔する、行う〕
悪事をなす、なすすべがない、なせば成る、…のなせる業

なす←(生)〔産む〕
子をなす、なさぬ仲

注:「あやなす」「色をなす」「恐れをなす」などは仮名書き

気を付けたい表現
×なさぬ仲の恋人同士
→「な(生)さぬ仲」とは義理の親子の間柄のこと

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter