「目配せ」は「目つきで知らせること」(広辞苑7版)。「よく注意して、必要なところに落ちなく目を行きとどかせること」(同)は「目配り」です。1文字違いで混同しやすく、間違えるとちょっと妙な感じになってしまいます。

 

 

「めくばせ」は多くの辞書では主に「目配せ」の表記が示されていますが「眴」の表記もあります。

日本国語大辞典によれば、平安時代には目で合図することを「め(目)をくはす(食はす)」といい、「めくはす」「めくはせ」から江戸時代になって「めくばせ」が使われるようになりました。

そのため「めくばせ」とともに「めくわせ」の形を示す辞書も多く、「目配せ」は「目配り」とは成り立ちから異なる言葉といえます。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter