コロナ対策で間隔を「あける」。迷うことがある「あける」の使い分けですが、「間隔をあける」のように、すきまをつくる場合は「空ける」を使います。

 

 

「漢字の使い分けときあかし辞典」(円満字二郎著、研究社)によると、「空ける」は「中身をなくす」という意味で用いられ、転じて「すきまを作る」という意味にもなり、全体として「ある場所に“何もない”ことに注目する」といいます。

 

 

一方「開ける」は「出入りできるようになる場合」などに使うと同書では説明しています。

created by Rinker
¥2,530 (2020/11/24 10:39:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

使い分け
あく・あける

〔からになる〕
空き缶、空き巣、空き地、空き家、家を空ける、がら空き、間隔・時間が空く、席が空く、体が空く、中身を空ける、間が空く

〔ひらく〕
開け方が分からない、開けっ広げ、穴が開く、背の開いた服、通路を開ける、蓋ふたを開ける、幕開き、幕開け、店を開ける、目・口を開ける

〔明るくなる、中身が分かるようになる、片が付く〕
明け方、明け離れる、明け渡す、打ち明ける、年が明ける、目が明く〈目が見えるようになる〉、夜が明ける、らちが明く、連休明け

:引き離す意味の「水をあける」は仮名書き

(毎日新聞用語集2019年版)

 

 

オンラインで学ぶ校閲実践トレーニング

次回の講座は12月6日(日)の14:00~16:00、受講料は3000円です。日本全国、世界中どこからでも受けられます。

「文章を間違いのない分かりやすいものにすること」が校閲。校閲記者がどのような読み方をして間違いを見つけたり文章をブラッシュアップしたりしているのか、実例に基づいて解説します。その上で実際に校閲作業を体験していただき、楽しく学びながら校閲作業のコツをお伝えします。

毎日新聞の校閲記者によるオンライン講座はリピーターも多く、大変好評をいただいています。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter