実際にお金をやりとりして取引を終えるのが「決済」で、責任者が案件の採否を決めるのは「決裁」。ともに新聞でよく使われる言葉で、変換ミスの多い同音異義語でもあります。

 

 

下の写真では金融業界の話題だったこともあり、印鑑を使わない「決済」手続きというのもあり得るかもしれない……と迷ったものの、念のため出稿部に確認したところ、この「けっさい」は「責任者が案件の採否を決める」だと判明。「決裁」と直りました。

 

 

使い分け
けっさい
決済〔商取引できまりをつけること〕
債務の決済、手形の決済

決裁〔責任者が案件の採否を決めること〕
大臣の決裁

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter