実際にお金をやりとりして取引を終えるのが「決済」で、責任者が案件の採否を決めるのは「決裁」。ともに新聞でよく使われる言葉で、変換ミスの多い同音異義語でもあります。

 

 

下の写真では金融業界の話題だったこともあり、印鑑を使わない「決済」手続きというのもあり得るかもしれない……と迷ったものの、念のため出稿部に確認したところ、この「けっさい」は「責任者が案件の採否を決める」だと判明。「決裁」と直りました。

 

 

使い分け
けっさい
決済〔商取引できまりをつけること〕
債務の決済、手形の決済

決裁〔責任者が案件の採否を決めること〕
大臣の決裁

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter