「極めつけ」もよく使われる言い方なのですが、本来は「極めつき」。もともと「極め書き」(鑑定書)がついているという意味で、すぐれていると定評があることを表しますが、最近は「もっともすごい例」(三省堂国語辞典7版)という意味でも使われます。

 

 

三省堂国語辞典7版

 

気を付けたい表現
極め付け→〇極め付き
「極め」は鑑定(書)のこと。「鑑定書付け」といわないのと同様に「極め付け」は不適切

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter