「極めつけ」もよく使われる言い方なのですが、本来は「極めつき」。もともと「極め書き」(鑑定書)がついているという意味で、すぐれていると定評があることを表しますが、最近は「もっともすごい例」(三省堂国語辞典7版)という意味でも使われます。

 

 

三省堂国語辞典7版

 

気を付けたい表現
極め付け→〇極め付き
「極め」は鑑定(書)のこと。「鑑定書付け」といわないのと同様に「極め付け」は不適切

フォローすると最新情報が届きます

Twitter