「肝煎り」とは「『肝を煎る』すなわち『心づかいをする』の意から」きている言葉で「あれこれ世話をすること」(日本国語大辞典)。「肝入り」を併記する辞書もありますが、語源からも「煎」が適切です。

 

 

「肝煎り」は古くから広く世話役といった意味で使われてきた言葉で、「名主や庄屋の異称」(広辞苑)であるほか、「江戸幕府の職制で、下級職の支配・監督にあたるもの」(同)のことでもありました。

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter