「肝煎り」とは「『肝を煎る』すなわち『心づかいをする』の意から」きている言葉で「あれこれ世話をすること」(日本国語大辞典)。「肝入り」を併記する辞書もありますが、語源からも「煎」が適切です。

 

 

「肝煎り」は古くから広く世話役といった意味で使われてきた言葉で、「名主や庄屋の異称」(広辞苑)であるほか、「江戸幕府の職制で、下級職の支配・監督にあたるもの」(同)のことでもありました。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter