「ハンバーガーなどのカタカタ語」を危うく読み過ごすところでした。カタカナの誤記は意外に気づきにくいというのは同業の多くの方がうなずいてくださるはず。カタカナは視覚的に一塊として捉えてしまい、見た瞬間に正しく並んでいるものと錯覚するのが一因でしょうか。

 

 

「一字ずつ傍点を打ちながら点検するくらいの慎重さが必要」と以下の記事でベテラン記者も助言しています。

9/30(金)19時~ オンラインイベントを開催

「記者時代、訂正・おわびにつながる間違いを校閲記者に助けられること数知れず」という毎日新聞人事本部の三木陽介・採用担当部長が司会を務め、校閲記者が舞台裏を語るオンラインイベントが9月30日(金)19:00〜20:30に開催されます。

チケットは一般1650円、学割550円。文章の校閲・構成に興味がある方から「毎日ことば」のファン、さらに、ことばそのものに興味がある方まで幅広くお楽しみいただける内容です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter