「送る」と「贈る」。迷う時もありますが、エール、声援、拍手などは「送る」を使っています。「贈る」は賛辞や祝辞などの場合です。

 

「送」は広く「何かを移動させる」ことを表し、「贈」は貴重なものをおくる場合に使うと、「漢字の使い分け解き明かし辞典」は説明しています。

また、迷いやすいケースとして、貴重なものをおくる手渡し以外の手段が明示されている場合は「賞金を現金書留で送る」など「送」が無難だろう、と記しています。

created by Rinker
¥2,530 (2021/05/15 14:37:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

「おくる言葉」は「送る言葉」と「贈る言葉」の両方があり、意味合いによって使い分けています。

 

使い分け
おくる

〔迎の対語。送達、送別、届ける、過ごす〕
エール・声援・拍手を送る、送り状、送り出し、送り届ける、送り迎え、送る言葉〈送別〉、仮名を送る、祝電を送る、順送りに、荷物を送る、野辺の送り、日を送る

〔贈与〕
贈り物、贈る言葉〈賛辞、激励など〉、感謝状を贈る、勲位を贈る、賛辞・祝辞を贈る、…の言葉を贈る

 

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter