首相時代は名前の誤記を常に気にしていたという、この時に近くにいた先輩は「もり・きろう」と発音していました。これは変換ミスを見逃さないための工夫(念のために言うと本当の読みは「もり・よしろう」)。「朗」の字が「郎」になっていないかもチェックポイントです。

 

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter