正しい見出しは上? それとも下? そもそも違いが分かりますか? 違うのはカタカナの「ト」か漢字の「卜」か。単独で見ると、見抜くのはほとんど不可能ではないでしょうか。この日の担当者はPDFに検索をかけて“間違い”を指摘しました。

 

 

上の画像では、間違っていると指摘したのは下。それを上のように直したのです。

重ねて切り替えてみると違うのが分かりますが、差はほんのわずかです。

 

 

酷似したカタカナと漢字では、他に「二」と「ニ」、「タ」と「夕」などもありますが、「ト」と「卜」はそれらを上回る見分けにくさのような気がします。

 

ここまで似ていると、どちらでもいいだろうという気もしてしまいそうですが、記事がデジタルアーカイブとして保存されるようになり、見た目だけではない正確さの価値が大きくなってきていると言えます。

 

国語辞典は楽しい! オンライン講座

 びっしり文字が書かれていて分厚い国語辞典。家に辞書はあったと思うけど、言葉の意味はネットで検索すれば済むし――なんて思っているあなた! 国語辞典は個性があって楽しいものなんです。「人」がつくっているのですから、一つ一つの短い文にも思いが込められています。

 今回、一昨年改訂の「岩波国語辞典」、昨年改訂の「新明解国語辞典」のつくり手による対談が実現。日々言葉に向き合いながら辞書を引き比べる校閲記者が、それぞれの辞書の魅力に迫ります。

 3/19(金)18時半~20時開催、受講料は3300円(税込み、1週間アーカイブ視聴可能)です。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter