「『せいてん』の霹靂(へきれき)」は「晴天」より「青天」が適切。両者はほぼ同じ意味で、「晴天…」の用例もあるためか、日本国語大辞典は両方載せていますが、ほとんどの辞書には出典に基づく「青天…」しかありません。

 

日本国語大辞典(精選版)にある「晴天の霹靂」

 

「青天の霹靂」は、12世紀の中国・南宋の詩人、陸游の詩からとられた表現。大辞泉は「晴天の霹靂」を「誤り」と明記しています。

 

デジタル大辞泉より

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter