反対の意味で使われやすい「役不足」は本来「その人の力量に比べて、役目が軽すぎる」(広辞苑)こと。この場合は「与えられた職務・役割を果たす力が足りない」(同)という意味の「力不足」の方が適切です。

 

 

文化庁の「国語に関する世論調査」(2012年度)によると、「役不足」を「力不足」の意味で使う人は51%。

 

国語に関する世論調査(2012年度)

 

本来の意味で使う人の方が少数派(41.6%)という結果ですが、意味が反対になるため、誤解のないよう使い方に注意したほうがいいでしょう。

 

紛らわしいことば
役不足

「割り振られた役に不満をもつこと、役割が実力に比べて軽いこと」の意。「力不足」の意味に誤用されるので注意する

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter