「明ける」は「ある期間が過ぎて次の状態となる」(岩波国語辞典8版)こと。「新年が明ける」を許容する辞書もありますが、「夜が明ける」のように「明ける」のは新年ではなく旧年だという解釈から違和感を持つ人も多いため、なるべく「新年が明ける」は避けています。

 

新明解国語辞典8版

 

こちらは昨年のもの。年末年始は毎年多く出てくるので注意しています。

ことばの質問」でもお聞きしたことがありますが、「新しい年が明けた」という言い方を「変だと思う」人は約8割でした。

 

日本語力を磨く 校閲オンライン講座

次回は5月30日(日)の10:30~12:00で、受講料は3850円です。今回の講師は“校閲歌人”の澤村斉美記者。日本全国、世界中どこからでも参加できます。

昨年6月からオンライン化した毎日新聞の校閲講座は大変好評でリピーターも多数。回を追うごとに受講者が増えており前回は約250人でした。

校正・校閲に関心のある人はもちろん、ライターの方や文章を書くことを趣味としている一般の方々にもおすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter