「明ける」は「ある期間が過ぎて次の状態となる」(岩波国語辞典8版)こと。「新年が明ける」を許容する辞書もありますが、「夜が明ける」のように、「明ける」のは新年ではなく旧年だという解釈も根強いため、なるべく新年は「迎える」などとするようにしています。

 

新明解国語辞典7版

 

以前アンケートをした時は、「新しい年が明けた」という言い方を「変だと思う」人が8割でした。

 

フォローすると最新情報が届きます

Twitter